少し前に来た楽器の調整。

何となく楽器が鳴らないというご相談を頂き、診断。

 

見るとすぐに原因が判明。

それは魂柱でした。

魂柱が長すぎて表板が割れてしまっていたのです。

魂柱を外して見ると更なる事が判明。

ホームセンターDIYコーナーに売られている赤松の丸棒。
赤松は楽器に使用されるスプルースよりも重くて硬い。

更にこの楽器の魂柱の長さ。(画像左が元の魂柱、右が交換した魂柱)
な、、長い。。!!

 

よく中に立っていたなという長さです。
この魂柱で弦のテンションが乗ってきて、表板も耐えられなかったのでしょう。

バイオリンやチェロでも散見される症状ですが、コントラバスはそれらと比べ板が厚く、少々の長短に誤差があってもそうすぐには壊れない事が多いです。

魂柱は弦の振動を裏板に伝えるとても大切なパーツです。
太さや位置等で音を決めていきますが、それはやはり適度の範囲の長さがあってこそ。

季節により楽器自体も膨張、収縮を繰り返しますので、魂柱の長さも注意しなければなりません。

 

割れを修理するにはとても大掛かりな作業が必要なので、今回は新しい魂柱で少し様子を見てみる事にしました。

 

それでも割れが進行するようなら、魂柱パッチか。。大変だぁ。