今回は、ネックリセットと裏板ボタン(ネックと裏板の接合部)の割れの修理です。
今回は色々試したい事もあったので裏板を外しました。

この楽器はネックが外れた状態で持ち込まれました。
まずは裏板を剥がすところから始めます。

img_0286

ネックの差し込みが何だか様子がおかしいと思い、ネックに残ってるニスの塗り面を合わせながらボディに差し込んでみると。

 

なんじゃこら。
な隙間。

img_0296

 

よく組み上げ出来てたなという位に隙間がありました。

調べてみると、裏板の一番上(ボタンと呼ばれる場所)の形に合わせるようにネックを貼り付けただけで、ボディとネックの接着がほとんどない状態で組み上げられていたのです。

要は、ネックの下面とボディの間は空洞になっていたという事です。

差し込まれたネックは表板の一番表面の角のみ当たっていて、隙間は見えません。
外から見ればしっかり接着されているように見えます。

img_0368-2

 

元のネックの角度を確認すると、ボディに対してずいぶん角度が浅い事が判りました。これはかなり弾きにくかったはずです。

もちろんそのまま接着出来るはずはありません。
角度、長さを見て木を足しながら合わせていきます。

img_0349

同時にボタンの割れの補修も行っていきます。(画像撮り忘れました汗)

しっかり全面が接地するように差し込み、接着。
リタッチをして完成です。

img_0370

今回はネックの角度が変わったので、もちろん駒も交換しました。

ネックの角度も変わり、テンションも程よくかかるようになり元気な音色に仕上がりました!
操作性も向上して、Good Conditionになったのではないでしょうか!

img_0371

お客様へのお渡しが楽しみです。