ハーフエッジ。

表板端の亀裂等のダメージを削り落とし、新しく木を足して表板の厚みを戻すという作業です。

 

古い楽器になると、何回も開閉されている事がざらにあります。
開ける際、表板には必ずと言っていい程裂けてしまう等のダメージが出ます。

IMG_9234IMG_9235

裂けてしまった木を補修せずにそのまま閉じられ、次のリペアマンが開ける際にまたダメージや裂け傷が増え、、の繰り返しで、柔らかい表板は木がだんだん減っていきます。
更に、そのまま裂けた破片が残されたままの場合、パタパタとノイズの原因になってしまう事もあります。

特に今回の楽器は、ボンドで強力に接着されたせいで裂け残った破片の上からボンドで閉じるというかなりの荒技が使われていたので、取り除くのも一苦労でした。

画像参照(白いのがボンドです)

IMG_9193

原因不明のノイズが出ているんだよねぇ。という方。
こんなところにも原因があるかもしれません。

ぜひご相談ください。

 

さて、今回はそんなダメージが深刻なところまで入っていたので、表板の強度を戻す為にも、全面的にハーフエッジの作業が必要でした。

IMG_9522

全面をフラットに削り落とし、スプルース板を貼っていきます。

 

そして、表板とカーブの流れを見ながら整形。

IMG_9587

今回の楽器は表板の厚みがかなりあったので、その点も整えながら全体的にリシェイプしていきます。
幅や厚みの戻し方でも今後の鳴り方に影響が出ますので、慎重に。

IMG_9590

全面を整えていきます。

IMG_9694